複雑化する社会だから面倒なことは外部発注!

システム開発は外部発注する時代

社会が複雑化すると一企業だけで賄うことは困難になり、ビジネスサポートの重要性が増しています。

ネットの普及により一般人の生活は便利になりましたが、コンピュータは指示された通りにしか作動しないため、正確なプログラミングが必要になります。プログラムを作成することでコンピュータに指示を与えるプログラミングは、年々高度化しており一企業だけで対応できなくなっています。近頃は生まれたときからコンピューターがある環境で育った経営者が増えていますが、システム開発に掛かる費用は高いと考える方が多く、自社開発から外部発注へシフトする企業が増えています。

システム開発費も一括見積りが可能

システム開発の源はエンジニアの技術、そのためシステム開発費は不透明なことが多く、システム開発を外部発注すると見積もり額に開きが生じます。

システム開発を行う場合の単位は「人月」、エンジニアが1ヶ月掛かって行う作業量が1人月、人月?単価が見積もり額のベースになります。

単価はシステム開発を請け負う企業によって異なり、大手では100万円程から、中堅では80万円程から、フリーのエンジニアになると60万円程から請け負います。

費用だけ見るとフリーのエンジニアが御得ですが、フリーの場合は主にコンピュータシステムの開発と管理を行うSE(システムエンジニア)、大手になるとシステム開発だけでなく企画や維持などの業務を一括して請負うSI(システムインテグレーター)になるため利便性は高まります。

近頃は中古車査定と同じようにシステム開発費も一括見積りが可能、他社とシステムを共有できればコストを大きく削減できます。

ECサイトとはインターネット上で商取引を行うためのWebサイトのことです。従って、ECサイトの構築とはインターネットに接続されたサーバー上に商品などの売買を行うWebサイトを構築することを意味します。