サイトを運営する際の利用者からの誹謗中傷対策

誹謗中傷は管理者の責任でもある

自身が運営するサイトへの書き込みに誹謗中傷する内容が書き込まれた時に例え運営者自身が書き込んだ内容でなくても管理者に責任が発生する事があります。そのため管理者は書き込みができるコメント覧を設置してある場合は定期的に確認して問題があれば対処する必要があります。それを怠るとブログサービスを利用している場合ならアカウントの停止処分などを受ける可能性があります。また誹謗中傷された本人から訴えられる可能性も考えられるのです。特定の個人や団体を誹謗中傷する書き込みはその本人だけでなく、運営者にもあるのでサイト運営する時はユーザーの書き込みも含めて自分のサイトのコンテンツだと言う認識が必要だと言えます。

コメント欄の撤去や連絡先の記載

誹謗中傷対策として有効な手段はいくつかありますが、その一つとしてコメントをユーザーが自由にできるコメント欄を撤去してしまう事です。撤去してしまえばユーザーが自由に書き込めないので、必然的に誹謗中傷するような内容は無くなります。またコメント欄を撤去しなくてもコメント欄に書き込める人を認可制にする事で、コメント欄を利用するに相応しいと管理者が認めたユーザーだけが利用できる仕様にもできます。

誹謗中傷された側はまず管理者に削除依頼をする場合がほとんどなので、その時に連絡先がわからないという事態にならないようにメールアドレスなどを記載しておくと良いです。プライベートなアドレスを乗せるのが嫌な場合はサイト運営用にアドレスを用意すると良いです。

サジェスト対策をスムーズに行うために、コンピュータの利用環境に注目をしたり、プロの外注先に対応を任せたりすることがコツです。