こんなトロフィーが欲しい!選び方のポイント

インテリアとしても最高

トロフィーは自分が頑張った勲章です。

一番目立つ所にずっと飾っておきたいと誰もが思うはず。

和室には合うが洋室には合わない場合などインテリアとして飾るには難しい部分があります。

選び方のポイントとしては主張しすぎずさりげなく飾れるもの。

横幅の広い物や背の高い物は置き場に困りあまり喜ばれない物の一つです。

素材としてもガラスや金・銀など年齢問わず飾れるものが喜ばれると思います。

そして、大切なものは綺麗に保存しておきたいと思うはずです。

壊れにくく、掃除がしやすい、劣化しない点も考えておかなければならない点です。

絶対飾りたいというもの

一目見て絶対欲しいと思える物を選ぶ。

私はこれが欲しいと思うことでトロフィーを貰う側のモチベーションも上がるものです。

インパクトのあるもの、可愛いもの、お洒落なもの。

貰う側のニーズに合ったものを選ぶ必要があると思います。

音楽コンクールなら音符の形をした物、サッカー大会ならサッカーボールの形のものなど

どんな大会で貰ったか誰でも一目でわかる物もポイントの一つだと思います。

あの頃の気持ちが蘇る

自分の名前や貰った日付が入っている物は特別感が表れて嬉しい物です。

いつ見てもトロフィーを貰った時の喜びが蘇る。

あの頃にタイムスリップする事ができる。

名前や日付を刻むことで大切にする気持ちが違ってくるもの。

ついつい眺めたくなるものです。

大人になって家族に自慢できるアイテムにもなるのです。

名前の文字などにもこだわっていきたいものです。

トロフィーには一般的なタイプの他に、クリスタルやガラスで作られたデザイン性が高いものもあります。こうしたものはインテリアとしても人気です。