ホームページへのリピーターを獲得するのに必要なデザイン

訪れるたびに変化がある

同じホームページに何度も訪れる人というのは、訪れるたびに何か新しいことがあるのではないかという変化の可能性にどきどきして訪れてくれています。ですから、できるだけその期待にこたえなければなりません。ほんの少しでもいいので、頻繁に変化する部分を作りましょう。ホームページで扱っているテーマに関する短いコラムや記事を載せるというのも、ひとつの手です。可能であれば有名人や業界人などを使って書いていれば、それを目的に何度も訪れてくれる人があらわれ、それをきっかけにホームページ自体の価値もあがってくるのです。

写真や動画をふんだんに使おう

ホームページを見ている人にとって一番インパクトがあるのは、やはり一瞬でイメージが伝わる画像系のコンテンツです。写真や動画などのコンテンツが豊富だと、大勢のお客さんに短時間のうちに大きなインパクトを与えることができます。いわゆるマルチメディアをホームページに生かす手法です。ただし、音楽コンテンツは扱いが難しいので、乗せるかどうかは注意が必要です。電車内などの音が出るとマズい場所で無音にして、スマートフォンから見ているようなお客さんもいるからです。したがって動画の場合は、音声部分をたとえば字幕に置き換えてしまうなどの工夫をしておいたほうが無難ということになります。写真や動画については著作権も色々と問題になることがありますので、それらの問題が出ないことを確認してから利用するようにしたほうが安全です。

レスポンシブデザインとは、あらゆる電子端末で同じような表示がなされるように考えられたプログラム・デザインのことです。